訪問看護ステーション

訪問看護ステーション


訪問看護ステーション

訪問看護ステーションいっ歩

要介護状態と認定されたご契約者にたいして、看護のサービスを提供し、居宅においてご契約者が有する能力に応じた、可能な限り自立した生活を確保することができるように支援いたします。

訪問看護の利用やご相談についてはお気軽にご連絡ください。

緊急時訪問看護・24時間対応体制について

緊急時は24時間体制でご契約者の心身の状態に応じた適切なサービスを提供いたします。
緊急時訪問看護を利用するには、別途契約が必要となります。

サービスの内容

健康状態の観察
体温、脈拍、呼吸、血圧等の測定
症状の観察と助言
日常生活の看護
・健康状態の観察、疾病の予防、悪化予防の支援
・栄養、食事に関するケア
・排泄のケア
・清潔のケア
・日常生活の指導
医療的処置、管理
・カテーテル類の管理
・服薬管理
・床ずれ、創傷の処置
・医療機器の管理
・その他医師の指示による処置など
リハビリテーション
・日常生活動作の訓練
・関節拘縮の予防、訓練
・機能訓練
・呼吸訓練
認知症、精神疾患のある方の看護
ターミナルケア(終末期ケア)

サービス提供日時

サービス提供日時 月曜日から日曜日 午前8時30分から午後5時15分
休業日 12月30日から1月3日は休み

※緊急時訪問看護加算契約利用者に対して24時間体制にて電話でのご相談及び緊急時連携がとれます。

サービスの利用方法

サービスの開始までの流れ

サービスの開始までの流れ

利用料金

(1)介護保険利用料

介護保険からの訪問看護サービスを利用する場合は、自己負担額は原則として基本料金の1割です。但し、介護保険の給付範囲を超えたサービスの利用については、全額自己負担となります。

料金表

 

介護保険

サービス利用料金

利用者負担額

20分未満

3,100円/回

310円/回

30分未満

4,630円/回

463円/回

30分以上1時間未満

8,140円/回

814円/回

1時間以上1時間30分未満

11,170円/回

1,117円/回

その他のサービスの加算料金  (  )内の金額が自己負担額になります。

項目

基本料金

内容

特別管理加算(Ⅰ)

(1月につき)

5,000円

(500円)

厚生労働大臣が定めるところの、特別な管理を要するご契約者に、計画的に管理を行うことに対し1回/月算定

特別管理加算(Ⅱ)

(1月につき)

2,500円

(250円)

緊急時訪問看護加算

(1月につき)

5,400円

(540円)

ご契約者の同意を得て24時間体制で計画的な訪問以外に必要時、電話相談、緊急訪問を行うことに対し1回/月算定

ターミナルケア加算

(死亡月)

20,000円

(2,000円)

在宅で死亡したご契約者に対し、死亡前24時間以内にターミナルケアを行ったときに、死亡月に1回算定する。

基本料金に対してサービス提供開始時間が、早朝(午前6時~午前8時)・夜間(午後6時~午後10時)帯の時は25%増し、深夜(午後10時~午前6時)帯は50%増しとなります。

(2)医療利用料

ご契約者が末期がんや難病患者等である場合又は急性憎悪などにより、主治医が一時的に頻回の訪問看護を行う必要がある旨の指示を行った場合には、医療保険から給付が行われ、医療保険の診療報酬の基準に基づいた利用料金をご負担いただきます。なお、ご契約者のご負担額は、下記表中のサービス利用料金からご契約者の医療保険給付額を差し引いた金額となります。

料金

 

医療保険

サービス利用料金

A)訪問看護基本療養費

週3日まで

5,550円

週4日以降

6,550円

B)訪問看護管理療養費

月の初日の場合

7,300円

2日目以降

2,950円

難病等複数回訪問加算(1日2回目)

4,500円

難病等複数回訪問加算(1日3回目以降)

8,000円

緊急時訪問加算

5,400円

ターミナル療養費

20,000円

特別管理加算

悪性腫瘍・カテーテル管理など必要な方

5,000円

在宅酸素など特別管理の必要な方

2,500円

情報提供療養費

1,500円

長時間訪問看護・指導加算

5,200円

退院時共同指導加算

6,000円

退院時支援指導加算

6,000円

在宅患者連携指導加算

3,000円

在宅患者緊急時等カンファレンス加算

2,000円

複数名訪問看護加算

4,300円

夜間・早朝訪問看護加算(6時~8時・18時~22時)

2,100円

深夜訪問看護加算

4,200円